銀行カードローンで賢い資金計画を

お金を借りるということによいイメージを持たれていない人も多いでしょうが、止むを得ずお金を借りる可能性は誰にでもあります。そんなときに何も考えずに手当たり次第に申し込むと、金利の面で大きく損をしたり、場合によっては審査に通らないなどで信用情報に傷をつける可能性もあります。そのため、様々な金融機関それぞれの特徴や規制の適用の有無は事前に調べておくべきです。

お金を借りるのは実は銀行カードローンを主軸に考えるのがお勧めできます。銀行からの借入は安心感があるというイメージだけでなく、実は規制がないという面でも有利なのです。消費者金融からの借入に適用される規制として総量規制というものが有名です。年収の三分の一にあたる金額までに貸し出しが制限される総量規制ですが、この根拠となる法律は貸金業法というものになります。貸金業者に対して適用される法律であり、銀行法で分類される一般的な銀行には貸金業法は関係ありません。つまり総量規制と銀行カードローンは無縁なのです。

これによって大きな恩恵を受けるのが主婦やフリーターなど収入があまり大きくない人です。収入の三分の一までと貸出額を制限されると実はかなり大きな制限となります。旦那の収入からも返済していけるのでもっと大きな金額を借りても生活には影響がでないというのに、わずか10万円程度の貸し出しに抑えられることもあります。それが銀行カードローンならば世帯収入をもとにして審査をしてもらえ、その結果で限度額を設定されるので、消費者金融よりもはるかに大きな金額を貸し出してもらえる可能性も出てきます。

また金利面でもはるかに消費者金融よりも安く設定されています。やはり銀行は資本力があるからでしょう、金利面での負担の軽さは目に見えて違います。それでいて審査時間の短縮化を図っており、一部即日融資を展開し始めているカードローンも存在します。

あなたの負担を軽減しつつも必要な額を貸してくれる、そんなカードローンをうまく活用していきましょう。