キャッシングは、残高を積み上げることなく返済を心掛ける

カードローンなどでキャッシングを利用した際には、当然毎月返済が発生する訳ですが、その残高が大きくなるにつれ、元金に対する返済額に対し、利息が占める割り合いが大きくなっていきます。例えば、上限金利18%のカードローンで残高50万円借りている場合、毎月の元金に対する返済が1万円とした場合、7千5百円も利息を付けて支払わなければなりません。これは、異常な状態だと思いませんか?。元金に対しての返済に、殆ど同じような金額の利息を付けて返済しているのです。金利18%でこの状態ですから、今話題「過払い金」の対象であるグレーゾーン金利でキャッシングしていた方々は、本当に酷い利息支払いだったのだと思わされます。

金利(利息)は、残高に対し掛け算で増えていくので、残高が多ければ多いほど、毎月支払う金利分の額が増えていきます。定額の場合には、金利が占める割り合いが多く、残高がなかなか減りませんし、外付けの場合には金利分の額に驚かされることと思います。

現代に於いて、敷居も高くなったカードローンなどでのキャッシングは、生活に無くてはならない存在になっているケースもありますが、気をつけるべきは、返せるチャンスのある時には、出し惜しみせず一括返済や増額返済で、借入残高を減らすことを心掛けるべきということです。「返しても、どうせ直ぐに借りるようになるのだから…」と自分の懐を甘やかしていると、残高は減らず金利分の返済額も増え、大変なことになります。どうしても借りる必要があるのなら、その時点で再びキャッシングすれば良いのです。カードローンなど、キャッシングを上手に利用するならば、「返せるタイミングでは返してしまう」を心掛けた方が良いと思います。