中小消費者の審査では個性的なものもある

大手消費者金融や銀行カードローンの審査を経験した後で、中小消費者金融へ申込みを行なうと、あまりに個性的な雰囲気と審査方法に驚く人も多いでしょう。中でも対面審査に拘っている中小消費者金融では、仮審査はインターネット上で行なうか電話連絡により実施しても、本審査は対面で行なうという独自の方法が採用されていることが多いです。自動契約機の設置には多額の開発費と運営コストがかかるので、大手消費者金融や一部銀行カードローンのみが行っている現状があります。

中小消費者では、提出された個人情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報だけでは判断がつかない部分についても、対面審査で人となりを見た上で融資を決定することにしているわけです。対面与信のメリットは、本当に借入れが必要な事情を汲み取ってもらえるので、貸金業法で定められた総量規制に抵触しない限りは融資を受けられる可能性があります。

意図的に店舗担当者の容姿を昔ながらの街金に近づけた営業を行っている中小消費者があり、返済をしっかり行わなければならないと申込み者に意識させることが出来ているでしょう。安易な借入れならば審査に通さず、本当に必要な借入れならば融資を行なうという人情判断が出来るのは、中小消費者金融ならではです。