自分の給料が残る範囲でキャッシング、カードローンを

主人の以前の仕事がシーズン営業で、出張時に不況だったため、通常の給料よりも、半年ほど10万円もカットされてしまったため、私のパートの給料では足りず、家賃や公共料金なども支払えず溜めてしまい、生活苦に陥ってしまったため、やむを得ず最初はクレジットカードのキャッシングを借りて生活するようになっていきました。

溜まっていた家賃や光熱費を支払うことが出来るようになり、通常の生活が出来るようになり一時的ですが、非常に助かりました。ですが、借りては返すの繰り返しで、結局クレジットのカードローンだけでは足りずに、広告でみた大手のキャッシング会社でも借りるようになり、日に日にキャッシングするカードの件数が増えていきました。

件数が増えていくと、収入に対してキャッシングを利用している件数が多いため、本当に必要な額を貸してもらえなくなり、必要な金額を補うためにまた、借りれる分だけキャッシングを利用していたので、件数が減らなくてとても困りました。

昔と違って今は大分規制されていますが、もし利用されるのであれば、必要最低限の件数にして、自分の給料が残る範囲でキャッシング、カードローンをご利用することをお薦めします。