所得証明書不要という表現の含みと総量規制外

給料に関する証明書は、多くの方々にとっては悩みの種です。なぜなら、なかなかそれを準備する事が難しいケースもあるからです。

しかし、中にはそれが不要な商品も存在します。銀行などでは、証明書不要などと大きくアピールする事があるでしょう。書類を準備する手間を省きたい時には、そういった商品は非常に便利です。

ところで所得証明書不要という表現は、実はまた別の意味合いがあります。結論を申し上げれば、総量規制対象外になる商品を望むならば、証明書不要という表現に着目すると良いでしょう。なぜなら、不要商品は規制外になる事が大変多いからです。

そもそも不要という意味合いは、やや微妙なニュアンスがあります。厳密に言えば、書類不要ではありません。書類は求められる事もある訳ですが、条件になる数字が高めになる訳です。

賃金業者などでは、50万ぐらいで給与明細が求められる傾向があります。それに対して銀行では、数百万などの具合です。一般的に数百万もお金を借りる事例が少ないので、不要という表現が使われている訳です。

それで限度額が高めになる以上は、もちろん総量規制外になる事例が多々ある訳です。したがって多く金額を借りたい時には、不要とアピールされた商品を活用してみると良い訳です。