在籍確認の電話の時刻を指定できない理由とは?

キャッシングの審査の過程では、会社への在籍確認が行われることがあります。特に希望する融資額が多いときには、ほぼ確実に在籍確認があるでしょう。この在籍確認、まったく平気という人もいますが、会社の同僚などにキャッシングの利用が知られてしまうと嫌がる人も多いようです。お金関係はプライベートに深く関わる部分ですから、そういった気持ちになる方もおられるでしょう。

ただ、この在籍確認を回避する方法はありません。お金を貸す側にとってもリスクヘッジの決め手になる部分だからです。せめて自分が電話口に出るなどして、同僚など会社の人に知られるのを防ぐしかないでしょう。電話のかかってきそうな時間帯を見計らって、職場の電話を誰よりも早くとるしかありません。

「在籍確認の時刻を指定してはどうか」と思う方もおられるでしょう。しかし、これには応じてもらえません。なぜなら、在籍確認をごまかすことが可能になるからです。自分が在籍していない会社でも、時刻を指定さえすれば、その電話に狙って出ることはじゅうぶんに可能です。その会社に勤めていると偽装することも可能になってしまうので、在籍確認を行う時刻を指定することはできないのです。ただ、会社の営業時間が特殊であるなど、そういった事情は伝えれば考慮してもらえるようです。